5αリダクターゼ抑制 食べ物

5αリダクターゼの作用を抑える食べ物!

男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンは、
男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結合して作り出されるものです。

 

ジヒドロテストステロンの産生を抑制するには、5αリダクターゼの働きを抑え、
テストステロンがジヒドロテストステロンへと変換されるのを防ぐ必要があります。

 

5αリダクターゼを抑制する食べ物

AGA治療では、5αリダクターゼを抑制するための薬が処方されますが、
食事を意識することで5αリダクターゼを抑制することもできます。
5αリダクターゼを抑制する成分について紹介します。

 

 

ノコギリヤシ

ノコギリヤシはAGAに効果がある食品として広く知られているものです。
古くから男性の滋養強壮に効果があるとして食べられていた北アメリカに生息する植物です。
ノコギリヤシにはβシトステロール、オクタコサノールが含まれています。
この成分は5αリダクターゼを抑制する機能があるとされています。
ノコギリヤシだけを食べるのは難しいですが、サプリメントから摂取することができます。

 

5αリダクターゼの作用を抑制する食品、食べ物を調査!

 

亜鉛

亜鉛は牡蠣などに多く含まれている栄養素です。
アミノ酸を髪の毛のもととなるケラチンに再合成する際に必要な栄養素です。
亜鉛はストレスがたまっていたり疲れがたまっていたりすと消費されてしまう栄養素です。
亜鉛不足になると髪の毛が上手に作り出されることができなくなってしまうのです。
亜鉛は5αリダクターゼの抑制にも効果を発揮します。
牡蠣以外にもレバーや牛肉、しじみなどに含まれています。

 

5αリダクターゼの作用を抑制する食品、食べ物を調査!

 

イソフラボン

イソフラボンは大豆食品に含まれている成分です。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似ている働きをします。
イソフラボンは5αリダクターゼそのものを減少させ
ジヒドロテストステロンが生成されにくくする働きがあります。

 

5αリダクターゼの作用を抑制する食品、食べ物を調査!