5αリダクターゼ抑制 薬

5αリダクターゼを抑制する薬について!

5αリダクターゼを抑えるために使用される薬の主成分は「フィナルテリド」です。
日本では「プロペシア」という表品名で発売されています。
AGAの治療薬といえばプロペシアというくらいにメジャーなものになってきました。

 

 

5αリダクターゼを抑制する薬|効果と副作用

 

 

プロペシアの効果

ジヒドロテストステロンことDHTは、男性ホルモンのテストステロンが
還元酵素の5αリダクターゼと結びつくことで作り出されるものです。
作り出されたDHTが男性ホルモン受容体と結合することでAGAが進行します。
プロペシアは5αリダクターゼの働きを抑え、ジヒドロテストステロンの生成を抑える働きがあります。

 

5αリダクターゼには2種類の型があります。
1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼです。
薄毛に大きく関係している5αリダクターゼは2型だとされています。
プロペシアはその2型の5αリダクターゼに働きかけます

 

 

プロペシアには副作用がある

プロペシアは2型5αリダクターゼを抑制する効果のある薬です。
しかし、プロペシアには副作用もあるのです。
副作用はさまざまなものが報告されているようです。
プロペシアだけではなくて医薬品を使うことでよくあらわれる、頭痛、腹痛、吐き気、
眠気などの症状も人によって起こることもあるようです。

 

プロペシアの服用で一番注意していかなければならないのが、性機能障害です。
この薬の副作用でもっとも多くみられるのは「ED」の症状です。
プロペシアを飲んでいる人でEDになってしまう人は多いようで、
薬の服用をやめると何事もなかったようにEDが治るというケースもあるようです。
しかし、薬をやめても一度起きてしまったEDの症状が治らないということもあるようなのです。
この副作用は男性にとってとてもリスクの高いものかと思います。

 

 

妊娠中の女性は触れてもいけない

プロペシアは男性のAGAの症状で使用される薬ですが、妊娠中の女性には危険な薬とされています。
この薬は妊娠中のお腹の中にいる胎児の奇形リスクを高める薬です。
飲むことはもちろん、触れることに関しても危険が伴うとされています。
なぜ触れるだけでも危険なのかというと、肌で成分が吸収されてしまうからです。
プロペシアは妊婦に最も危険度が高いとされている薬品の部類に含まれているものです。
プロペシアを服用している男性は妊娠中の女性にこの薬を扱われないように気をつける必要があるのです。