5αリダクターゼ 人体

5αリダクターゼは人体にとってどのような役割を果たしているのか?

薄毛や抜け毛の症状がある男性は、5αリダクターゼをとても悪者扱いします。
確かに薄毛や抜け毛の原因となるのは5αリダクターゼが関係していますが、
5αリダクターゼは体にとって重要な役割もあるのです。

 

 

5αリダクターゼの役割

薄毛の原因となるジヒドロテストロンは、テストステロンを5αリダクターゼが還元することで生成されます。
5αリダクターゼには二つの型があって1型と2型に分類されます。
1型は全身の皮脂腺に多く存在しているもので、2型は前頭部や頭頂部の毛乳頭に多く存在しています。
2型の5αリダクターゼがAGAの原因となることが多いと言われています。

 

男性ホルモンのテストステロンは筋肉や骨格を作り上げたり、性欲をアップさせたり
やる気を起こさせたりする働きがあります。
ジヒドロテストロンは脱毛の原因となるホルモンでもありますが、
テストステロンよりも強力な男性ホルモンでもあります。
ジヒドロテストロンも男性にはなくてはならない男性ホルモンなのです。

 

5αリダクターゼを抑制してジヒドロテストロンを生成させないようにするような、
プロペシアのような薬を服用すると男性の性機能は低下することが多いようです。
5αリダクターゼは男性らしさを保つために必要とされるジヒドロテストステロンを生成するために
必要な成分なのです。

 

 

5αリダクターゼは必要

5αリダクターゼは男性の体には必要なものなのです。
薄毛や抜け毛を改善していくために、5αリダクターゼをなくすことばかりを考えてしまいがちですが、
5αリダクターゼがなくなることで起きる体への影響も大きなものです。

 

薄毛や抜け毛の対策は5αリダクターゼ抑制することだけではありません。
頭皮の血行をよくして、栄養素を頭皮までしっかりと届けられるようにしたり、
頭皮の状態を健全に保ち、髪は生えやすい状態を保ったりすることも有効です。
5αリダクターゼの抑制だけに躍起になるのではなく、
健康を保ちながら薄毛対策を行っていく必要があります。