5αリダクターゼ 1型2型

5αリダクターゼ1型と2型の違いについて

AGAの原因となる5αリダクターゼには1型と2型があるということはご存知でしょうか。
5αリダクターゼの1型と2型の違いについてのお話をしていきます。

 

 

5αリダクターゼの存在

薄毛の原因となるのはジヒドロテストステロン(DHT)です。
DHTは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって
変換されることでできる物質です。

 

5αリダクターゼには1型と2型の2つのタイプが存在します。
AGAの症状というのは多くの場合で2型の5αリダクターゼが関係していると言われています。
5αリダクターゼとテストステロンとの関係は1型も2型も同じです。
1型であろうが2型であろうがテストステロンをジヒドロテストステロンに変換します。

 

DHTはそのままの状態では薄毛や抜け毛の原因になるものではありません。
DHTは毛乳頭にある男性ホルモン受容体と結びつくことで、脱毛作用を働くのです。

 

 

1型5αリダクターゼ

1型5αリダクターゼが存在している部位は全身の皮脂腺です。
全身にあるものなので1型5αリダクターゼも薄毛の原因となることはあるのですが、
先にもお話したようにAGAの原因となることが多いのは2型5αリダクターゼだと言われています。

 

 

2型5αリダクターゼ

2型5αリダクターゼは毛乳頭内に存在しています。
さらに頭頂部と前頭部などの限られた部位にのみあります。

 

AGAの症状に多い、頭頂部と前頭部の薄毛や抜け毛の症状は
2型5αリダクターゼが影響している可能性が高いといわれています。
2型αリダクターゼは、すでに毛乳頭に存在しているので、産生されたジヒドロテストステロンが
男性ホルモン受容体と結びつきやすいのです。

 

 

それぞれの5αリダクターゼを抑制する成分

1型と2型の5αリダクターゼの違いは存在している部位だけではありません。
それぞれの5αリダクターゼを抑制する効果のある成分にも違いがあります

 

1型5αリダクターゼを抑制する成分

ノコギリヤシ、亜鉛、穀類のアゼライン酸、サンショウエキス、オウゴンエキス、チョウジエキス、緑茶

 

2型5αリダクターゼを抑制する成分

ノコギリヤシ、亜鉛、アロエエキス、ヒオウギエキス、リモネン

 

 

ノコギリヤシと亜鉛は同じですが、その他の成分は全く違います。
1型5αリダクターゼが原因の薄毛の症状のある人が
2型5αリダクターゼに効果のある成分を意識しても症状が改善していかないのです。
その逆、2型の場合も1型に効果のある成分では症状は改善していかないのです。

 

AGAの治療薬で「プロペシア」というものがあります。
この薬は2型5αリダクターゼを抑制する効果のある薬です。
この薬はAGAの治療でよく使われる薬なのですが、1型5αリダクターゼが原因の薄毛には、
この薬を使っても効果があらわれることがありません。